スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・昭和33年のアルバムって★

例のアルバム

 

伸びてゆく

 

の巻末にあった「家庭の応急処置

 

 

急病や不慮の災害等の場合、医師をむかえる迄の応急処置は大切な事で、

子供さんのいる家庭の主婦は勿論、家中の人全部が知って置き度い事です。


と始まり・・・




発熱


発熱時の手当


発熱時の食物


腹痛


嘔吐


下痢


便秘


不慮の災害


溺れ


火傷


劇薬に依る火傷


咬傷


怪我



・・・という項目に分かれて、それぞれ対処法が書かれていました。



抜粋してご紹介します
えっ

 



(かっこ内)は私のツッコミで・・・・




 

腹痛・・・・・小供の(誤字?)腹痛は腸カタルが多く、原因が不消化物の場合は

       ヒマシ油を飲ませ 浣腸して便通をつけます。

       但し虫垂炎のときは下剤を絶対に用いてはなりません。


       蛆虫などによってくる腹痛は食事と関係なしにきます。(えー!?どんな虫?)

 

嘔吐・・・・・(略)嘔吐のあとは必ずうがひをさせる事。(うがひをね★)

 

火傷・・・・・火鉢コンロ等の火気には充分気を配って、

       先ず第一に子供を火気に近づけない事です。

       (略)火気蒸気熱湯の場合は早速油を塗る事。

       タンニン酸を1%くらいにとかして湿布もよいでしょうし、

       何も無い場合は紙を焼いて灰を作り、この灰を熱湯で混ぜ合わせて

       体温よりやゝ熱い程度のものを貼り付ける事も一つの方法です。

       (熱湯でさらに火傷を負いそうですっっ・・・)

 

劇薬による火傷・・・・・万一飲み込んだ場合は口の中に手を入れて吐かせ、

              食塩水を飲ませては吐かせます。

              その後玉子の白味だけを牛乳か水にまぜて飲ませます。 

             (私は牛乳に混ぜて欲しいかな・・・どっちかっていうと。)

 

怪我・・・・・傷口の大小に依って手当もいろいろですが、 

       赤チンよう度チンキを塗って化膿を防ぐ事。

       出血が多い場合は傷口に赤チンよう度チンキを沢山塗ること。

       (沢山って・・・それだけでいいの?)

 

溺れ・・・・・(これはツッコミどころ満載です!!!!!略さず引用させていただきます!)

    

       水に溺れた子供を救い上げた場合、第一に肛門を見て

       (全裸で溺れている場合限定?もしズボン履いてても第一に肛門?)

       括約筋が緩んで肛門が開いていたら十中の八九は絶望ですが、

       肛門が開いていないうちならば手早く口の中の物を指でかき出し、

       逆さにして水を吐かせ、腹ばいに寝かせて頭を低くし、

       (ん?うん・・・お腹の下に何か入れれば頭は低くなるか・・・)

       お尻の辺りに馬乗りになって後ろから人工呼吸を続け、

       (ん?ん?え?後ろから人工呼吸って?馬乗りになりながら?)

       一人は手や足を強くマッサージして血の廻りをよくする為めに

       何回も繰り返して行います。





 ・・・と、まぁこんな感じで書かれていました。

無謀なようで、理にかなっているようで、やっぱり無謀!!

友達と大笑いしちゃいました

 

 

 

       

 でもね・・・

今の高度な医療があるのも、こういう時代があったからって思えた。

 

 

 

 

なーーーーーんにも知識・技術がない時代だって、

怪我や病気したときは、人が人を診て

いろんな手当ての方法を生み出してきた。

 

 

 

今の時代を生きているから

笑えちゃう事が書いてあったけれど、

だからこそ今があるって事を忘れちゃいけないって

再認識できた気がした。

 

 50年後には、今私たちが普通に行っている手当が

笑われちゃうかもしれないし。

 

 

 

でも・・・

 

 

 

 

やっぱり家庭看護の原点は

手当

なんだろうなぁ・・・・・

 

 

 

熱が出たときも、まずはおでこに手を当てる「手当」

 

 

お腹が痛ければ、お腹をさすってあげる「手当」

 

 

 

どんな薬よりも、人の温もりにかなう薬はないのかも。

 

私自身、妊娠中につわりがひどくって、

自分の意思ではどうにもならない日や、

薬に頼りたくなる日もたくさんあった。

だけど、人の手で背中に触れてもらうだけで

スーッと軽くなっていくのがわかったから。

 

今まで助産師として働いてきた中で、

つわりに苦しむ患者さんを何人も看てきたけど、

患者さんが笑顔で応えてくれたら

「大丈夫そう、調子よさそう。」

なんて勝手に解釈しちゃってた。

 

忙しさに追われて、

「ゆっくり休ませてあげよう。」とか

「あんまり長居しちゃいけないかな。」

なんて自分に言い訳してばっかりで

ゆっくり背中に手を当ててあげることなんかなかったな・・・

 

つわりの患者さんだけじゃないけど、

いつかまた、自分が助産師としてお仕事する日が来たら、

もっともっと「手当」が上手にできる助産師になりたいです。

 

 

今は愛しいわが子に、

「ままのて」でいっぱい「手当」してあげよう。

 

どんなに泣いてても

ベビーマッサージをすると

ピタッと泣きやむわが子が、

私に手のぬくもりの大切さを教えてくれているから、

私も頑張って応えよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ぽちっと応援していただけたら嬉しいです★
育児ブログ・ランキング
スポンサーサイト

theme : 育児日記
genre : 育児

09 | 2009/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日のるんるん
script*KT*
プロフィール

るんちゃんのかぁか

Author:るんちゃんのかぁか
   ♪るんるん♪なかぁか
     →ブログ更新を
      さぼっている間に
      シングルマザーに。
      るんるんに毎日
      笑顔をもらって
      今日も楽しく
      育児に奮闘中!!         


   ♪るんるん♪なわが子
     →タオルの角を
      こよなく愛する
      めちゃ甘えん坊。
      相変わらずの薄毛。
      生まれてから
      髪の毛カットの
      経験なし・・・。

    
   ♪るんるん♪な家族たち
     →実家にお世話に
      なっています☆ 

      ひぃばぁば
      ジジ
      ババ(愛称ニニ)

      愛情たっぷり
      育児に奮闘中!

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。